弁護士費用

はじめにお読みください

 下記の弁護士費用は一般的な事案の目安です。

個別の事案についての具体的な弁護士費用の総額は、事案の難易度を考慮の上、ご相談時に弁護士から詳しくご説明させて頂きます。

 なお、当事務所の方から、ご相談者の皆様に対してご依頼を強制することは絶対にありません。

むしろ、当事務所は、ご相談者の皆様に費用について十分ご納得頂いてからでなければ、ご依頼をお受けしません。

 最終的に当事務所へご依頼いただく際にも、弁護士費用の総額を詳細に明記した契約書を作成いたします。

契約書に書かれていない費用を後から追加で頂くことは一切ございません

用語説明

着手金

着手金とは、弁護士に依頼する際に、お支払い頂く弁護士費用です。これをお支払い頂いてから、弁護士が活動を始めます。

弁護士が、書面の作成・相手方との交渉・裁判所への出廷など、ご依頼者のために様々な活動をする対価としていただくものなので、事案処理の成功・不成功にかかわらず返還されません

成功報酬

成功報酬とは、事案の処理が成功に終わった場合(一部成功も含む)に、成功の程度に応じて、事件終了時にお支払い頂く弁護士費用です。

したがって、事案の処理がまったくの不成功(裁判でいえば全面敗訴・調停でいえば不成立)に終わった場合は、1円もお支払いになる必要はありません。

法律相談料

通常

30分5,000円
(税別)


当事務所の専門ページ(離婚、遺産相続、企業法務、金銭・不動産・親族トラブルなど)で、上記と異なる法律相談料を表示しているものについては、そちらの法律相談料が優先して適用されます。

民事・家事事件一般

交渉・調停

着手金

30万円
(税別)

成功報酬

30万円
または
 「経済的利益の額」の10%
(税別)


「経済的利益の額」とは、
①金銭・不動産・その他の財産の請求など、金額が算定できるもの:相手に請求する場合は請求が認められた額、相手から請求された場合は請求を免れた額です。
②土地の境界確定の訴え、株主総会の決議無効の訴えなど、金額が算定できないもの:「経済的利益の額」を800万円として計算します。

上記料金は一般的な事案の目安です。具体的な金額は、ご相談内容を踏まえ、法律相談時にご説明させていただきます。

 

審判・訴訟

着手金

30万円
(税別)
交渉・調停から引続き受任の場合は半額

成功報酬

30万円
または
 「経済的利益の額」の10%
(税別)


「経済的利益の額」とは、
①金銭・不動産・その他の財産の請求など、金額が算定できるもの:相手に請求する場合は請求が認められた額、相手から請求された場合は請求を免れた額です。
②土地の境界確定の訴え、株主総会の決議無効の訴えなど、金額が算定できないもの:「経済的利益の額」を800万円として計算します。

上記料金は一般的な事案の目安です。具体的な金額は、ご相談内容を踏まえ、法律相談時にご説明させていただきます。

刑事事件

着手金

捜査弁護

50万円
(税別)

公判弁護

50万円
(税別)
捜査段階から引続き受任の場合は半額

成功報酬

捜査弁護

不起訴:50万円(税別)
略式命令:30万円(税別)

公判弁護

無罪:100万円(税別)
執行猶予:50万円(税別)


上記料金は一般的な事案の目安です。具体的な金額は、ご相談内容を踏まえ、事案の難易度、性質等、諸般の事情を考慮して、法律相談時にご説明させていただきます。

殺人や傷害致死など、裁判員裁判対象事件は、上記金額の2倍が一般的な事案の目安となります。