弁護士が答える協議離婚Q&A

協議離婚

Q:協議離婚とは何ですか?

協議離婚とは、夫婦で話し合いをして、お互いが離婚をすることに合意すれば、役所に離婚届けを提出して、離婚をすることです。

協議離婚ができるのであれば、費用も時間も少なくて済みますが、下記で述べるように、後々のトラブルを防止するため、気を付けておくべき点があります。

なお、子供がいる場合には、夫婦のどちらが親権者になるかも決めておかなければ、離婚届けが受理されません。

Q:協議離婚で注意する点はありますか?

協議離婚は、当事者の合意のみによって自由にできますが、離婚をする際に、慰謝料、財産分与、年金分割、養育費、子どもとの面接交渉などについても話し合いで決めておくべきです。

なぜなら、離婚してしまった後、夫婦で無くなった相手と、これらのデリケートな問題について話し合いをすること自体が難しいことも多く、せっかく離婚をしたものの、さらなるトラブルを生む原因になるからです。

話し合いの結果、上記の慰謝料、財産分与、年金分割、養育費などについて合意ができた場合でも、口約束だけでは、後から「言った、言わない」のトラブルになります。

さらに、相手が約束自体は認めていたとしても、現実に約束を守ってくれなければ、意味がありません。

そこで、離婚協議書を作成するのは当然として、これを公正証書にしておきましょう

離婚協議書を公正証書にしておくことで、相手が約束を守らない場合に強制執行をすることが格段に容易になります。

なお、当事務所では、離婚に強い弁護士が、相談者お一人お一人の事情に応じて、慰謝料、財産分与、年金分割、養育費、子どもとの面接交渉などをどうするのがベストかをアドバイスさせていただくとともに、離婚協議書や公正証書の作成もサポートしておりますので、宜しければご利用下さい。