債務整理のメリット・デメリット

債務整理には、①任意整理、②個人再生、③自己破産という3つの手続きがあります。

下記にそれぞれのメリットデメリットなどの特徴をまとめました。

任意整理

借金について、貸金業者と交渉して、借金の分割回数や返済期間について新たな合意をし、返済金額を減らす手続きです。

上記の自己破産や個人再生と比べて、簡単・柔軟な手続きでとりあえず毎月の返済金額を減らせるというメリットがある反面、法的に強制力がある手続きではないので、過払い金が発生している例外的な場合を除き、借金の総額自体を必ず減らせるわけではないこと、減らせたとしても、せいぜい利息・遅延損害金程度というデメリットがあります。

個人再生

主に、住宅ローン以外のすべての借金について、返済額を大きく減らしてもらうことを裁判所に認めてもらう手続きです。

家やマンション・車などの財産を手放さずに、借金を大幅に減らすことができるという、大きなメリットがあります。

もっとも、継続して一定額の返済ができる収入があることなど、一定の条件をクリアする必要がありますので、定職に就いていない場合などは利用できないというデメリットがあります。

自己破産

財産を清算した上で、借金の返済をゼロにしてもらうことを裁判所に認めてもらう手続きです。

任意整理や個人再生と違って、借金が減るだけでなく、借金の返済がゼロになるというのが最大のメリットです。

もっとも、個人再生と異なり、家やマンション・車など一定の価値がある財産を全て手放さなければいけないというデメリットがあります。

さらに、過去に破産をしたことがある場合など、そもそも、裁判所が破産を認めてくれないことがありますので注意が必要です。

ブラックリストについて

自己破産、個人再生、任意整理いずれの手続きも、それぞれ期間の長短はありますが(5年~10年)、信用情報機関に情報が登録される、いわゆる「ブラックリスト」に載る点は同じです。ブラックリストに載っている間は、新たにクレジットカードを作ることやローンを組むことが基本的にできなくなります。

もっとも、郵貯・その他の銀行など、金融機関の預貯金の口座キャッシュカードは作れますので、日常の振込み、引き落とし等は普通に行うことができます。もちろん、料金さえ払っていれば、携帯電話が使えなくなるということもありません。

つまり、ブラックリストに載ると業者からの借金はできなくなりますが、日常生活は普通に送れますので、ブラックリストに載ることを必要以上に怖がらなくても大丈夫です。

上記はよくある誤解ですので、ご注意下さい。

最善の選択を

以上のように、債務整理(自己破産・個人再生・任意整理)には、それぞれメリット・デメリットがありますので、

①借金の額、②持っている財産の種類(預貯金・不動産・車などを持っているかどうか)、③職業や収入状況、④会社や家族に知られたくないか、⑤家やマンション・車など財産を手放しなくないか等々、他にも様々な要素を判断し、最善の方法を選ぶ必要があります。

間違った方法を選択すると、借金の苦しみから解放されるどころか、かえって以前より状況が悪化したという、残念な結果にもなりかねません。

当事務所では、自己破産・個人再生に強い弁護士が、ご相談者お一人お一人にとって最善の方法をご提案いたしますので、当事務所へご相談いただけば、このような残念な結果になることはありません。

ご自分一人で判断されるのはもちろん、相談する事務所の選択を誤って後で後悔する前に、まずは自己破産・個人再生に強い当事務所の弁護士へご相談下さい。