代表弁護士 村川 健
Murakawa Takeshi

兵庫県弁護士会所属
<略歴>
中央大学卒業。 大学卒業後、不動産取引の国家資格である宅地建物取引主任者(現:宅建士)の登録をして不動産業に携わる。
その後、行政書士事務所を独立開業し、①遺言書・遺産分割協議書や②離婚協議書など、相続と離婚に関する書類作成業務と、③会社設立手続き・経営相談・各種契約書の作成業務など、相続・離婚・会社法務を専門に取り扱う。行政書士として働きながら、司法試験合格。
弁護士登録後は、これまでの相続・離婚・会社分野の専門的な経験を生かしながら、法律のプロフェッショナルとして、「困難な問題から逃げない弁護士」をテーマとして、日々難しい事案に取り組んでいます。
<ごあいさつ>
相続・離婚・会社の法律問題でお困りなら、これらの分野に特化した当事務所へ何でもご相談下さい。 これまで培ってきた知識や技術、積み上げてきた経験など、当事務所の持てる力を総動員して、ご依頼者お一人お一人の問題に真正面から向き合い、逃げることなく、一生懸命解決にあたらせていただきます。

弁護士 村川 麻衣
Murakawa Mai

兵庫県弁護士会所属
<略歴>
神戸大学卒業。 カナダケベック州への留学を経て、帰国後、主婦と仕事を両立しながら司法試験合格。 弁護士登録後は、「依頼者の方と悩みを共有できる弁護士」をテーマに、離婚、相続などの家事事件を中心として、数多くの複雑な事案を日々手掛けております。
<ごあいさつ>
法律問題や法的トラブルに直面したとき、一人で悩むのは本当に心細く、つらいものです。 そんなご相談者の皆様に対して、単純に法的なアドバイスをするだけではなく、皆様と共に悩みを共有することができる弁護士でありたいと日々努めております。 当事務所をご利用いただいた皆様に、少しでも肩の荷を下ろしていただくことができれば、これほど嬉しいことはありません。