弁護士 村川 健
Murakawa Takeshi

兵庫県弁護士会所属

<略 歴>
中央大学卒業。大学卒業後、不動産取引の国家資格である宅地建物取引主任者(現:宅建士)の登録をして不動産業界に携わる。

その後、行政書士事務所を独立開業し、⑴離婚協議書、⑵遺言書を始めとする、離婚・相続に関する書類作成業務と、⑶会社設立手続・各種許認可申請業務など、離婚、相続、企業法務の関連分野を専門的に取り扱う。

行政書士として働きながら、司法試験合格。

弁護士登録後は、会社法を中心とする一般的な企業法務から、IT法務、経済法、知的財産法などの先端法分野まで、企業の法律問題を重点的に手掛ける。なお、個人の法律問題は、関連する異業種の実務経験や専門知識を持つ、離婚・相続・不動産問題を得意としている。

<ご挨拶>
特定の業務分野について高度な法律知識を持つ弁護士をお探しであれば、当事務所へご相談下さい。得意分野を集中的に手掛けることで養った、深い知識・技術・経験など、持てる力を余すことなく活用し、ご相談者お一人お一人の問題に向き合います。まずは、問題解決に向けた羅針盤として、当事務所をご利用下さい。

弁護士 村川 麻衣
Murakawa Mai

兵庫県弁護士会所属

<略 歴>
神戸大学卒業。カナダ(ケベック州)への留学を経て、帰国後、主婦と仕事を両立しながら司法試験合格。

弁護士登録後は、「依頼者の方と悩みを共有できる弁護士」をテーマに、離婚を中心とする家事事件や債務整理など、日常生活に密着した法律問題を数多く手掛ける。なかでも、離婚問題は、性別や年齢、職業を問わず、1000件以上の相談実績がある。

<ご挨拶>
法律問題や法的トラブルに直面したとき、一人で悩むのは本当に心細く、つらいものです。そんな皆様に対して、単純に法的なアドバイスをするだけではなく、一緒に悩みを共有することができる弁護士でありたいと日々努めております。当事務所をご利用になった皆様に、少しでも肩の荷を下ろしていただくことができれば幸いです。