弁護士 村川 健
Takeshi Murakawa

兵庫県弁護士会所属

【略 歴】
中央大学卒業。大学卒業後、不動産取引の国家資格である宅地建物取引主任者(現:宅建士)として不動産業界に携わる。

その後、行政書士事務所を独立開業し、①離婚協議書・遺産分割協議書などの書類作成業務と、②不動産系企業を始めとする許認可申請業務・会社設立手続など、離婚、相続、企業法務の関連分野を専門的に取り扱う。

行政書士として働きながら、司法試験合格。

弁護士登録後は「法律の専門家」として、不動産・離婚・相続・企業法務を中心に、民事事件から刑事事件まで、法律問題を総合的に取り扱っている。

【ご挨拶】
当事務所では、①複雑で分かりにくい法律問題も「明快に分かりやすく」ご説明すること、②その前提として、ご相談者お一人お一人のお話を「じっくりと丁寧に」お聞きすることを、特に心掛けております。法律問題は初動対応がとても大切です。対応の方向性を間違えないように、まずは問題解決に向けた羅針盤として、当事務所をご利用下さい。

弁護士 村川 麻衣
Mai Murakawa

兵庫県弁護士会所属

【略 歴】
神戸大学卒業。カナダ(ケベック州)への留学を経て、帰国後、主婦と仕事を両立しながら司法試験合格。

弁護士登録後は、「クライアントと悩みを共有できる弁護士」をテーマに、離婚や遺産相続を中心とする家事事件を数多く手掛ける。なかでも、離婚問題については、性別や年齢、職業などを問わず、これまでに2,000件近い相談実績がある。

【ご挨拶】
不慣れな法律の問題に直面したとき、一人で悩むのはとても不安なものです。そんな皆様に対して、単純に法的なアドバイスを差し上げるだけではなく、悩みを共有することができる弁護士でありたいと日々努めております。当事務所をご利用になった皆様に、少しでも肩の荷を下ろしていただければ幸いです。