Q:協議離婚とは何ですか?

A:協議離婚とは、夫婦同士の話し合いで、双方が離婚することに同意した上で、役所に離婚届を提出して離婚することをいいます。ただし、子供がいる場合には、離婚の合意だけでなく、親権者も決めなければ、離婚届けが受理されません。

ちなみに、日本では離婚の約90%が協議離婚と言われています。

協議離婚は、離婚すること自体に費用がほとんどかからないのがメリットですが、下記で述べるように、離婚後のトラブルを防止するため、気を付けておくべき点もあります。

Q:協議離婚で注意する点はありますか?

A:協議離婚は、当事者の合意のみによって自由にできますが、離婚をする際に、慰謝料、財産分与、年金分割、養育費、子どもとの面接交渉などの重要事項について、しっかりと決めた上で、これを書面に残しておくべきです。

なぜなら、口約束だけでは、大抵の場合、後で「言った、言わない」のトラブルになるからです。

仮に、相手が約束自体は認めていたとしても、現実に金銭の支払いをしないなど、約束を守ってくれなければ意味がありません。

以上から、協議離婚の際には、離婚後の重要事項について離婚協議書を作成した上で、これを公正証書にしておくことをお勧めします。

離婚協議書を作成することで、重要事項について証拠が残るのはもちろん、さらにこれを公正証書にしておくことで、相手が約束を守らない場合に強制執行をすることが容易になります。

なお、当事務所では、離婚に強い弁護士が、ご相談者お一人お一人の事情に応じて、慰謝料、財産分与、年金分割、養育費、子どもとの面接交渉などをどうするのがベストかをアドバイスさせていただくとともに、離婚協議書や公正証書の作成もサポートしておりますので、宜しければご利用ください。