Q:任意整理とは何ですか?

 A:任意整理とは、借金や各種ローンについて、カード会社や消費者金融等と直接交渉して、債務の分割回数や返済期間について新たな合意をし、返済金額を減らす手続きです。調査の上、過払い金があれば、過払い金の返還交渉もすることになります。

なお、裁判所の手続きを利用して、強制的に借金やローンを減免する手続きである自己破産や個人再生と比較して、裁判所外で任意に債権者と交渉することで、借金の減額を認めてもらうことから、「任意」整理といいます。

債務」整理と紛らわしいですが、任意整理は、あくまで自己破産や個人再生と同じく、債務整理の手段の一つなので、混乱しないようご注意下さい。

Q:手続き終了までの期間はどれくらですか?

 A:任意整理の手続き終了までにかかる期間の目安は、交渉開始から2~3ヶ月です。

当事務所の弁護士にご依頼頂けば、期間中の手続きは、ご依頼者に代わって全て代行致します。貸金業者から、ご依頼者に直接連絡が来ることもありませんのでご安心下さい。

Q:任意整理のメリットは何ですか?

 A:任意整理のメリットは、あくまで貸金業者と裁判外でする任意の交渉なので、貸金業者が納得して同意してくれれば良く、裁判所を利用する手続きである自己破産や個人再生と比べ、手続きが簡易であるという点です。

さらに、自宅や車などの財産を処分する必要がないのもメリットです。

なお、自己破産や個人再生は、家計の収支状況や勤務先からの退職金の有無・金額等を裁判所に申告する必要上、家計を共にする家族の協力を得る必要が少なからずありますので、家族に知られずに行うことは難しいのが通常です。

しかし、任意整理は、書類の提出が義務付けられているわけではないため、書類作成の過程で家族に任意整理を知られるリスクが最も低いです。これも任意整理のメリットと言えるでしょう。

Q:任意整理のデメリットは何ですか?

 A:任意整理のデメリットは、手続きが簡易である反面、裁判所を利用する法的に強制力がある手続きではないので、過払い金が発生しているような例外的な場合を除き、①債務の総額自体を必ず減らせるわけではないこと、②減らせたとしても、通常は利息・遅延損害金程度であることから、いずれにせよ、債務を大きく減らすことはできないという点です。

さらに、任意整理をしようとすると、貸金業者から「貸金返還訴訟」という裁判を起こされることがあります。裁判で負けてしまえば、給料や財産を差し押さえられてしまう可能性が出てくるため、これは大きなデメリットと言えます。

もっとも、任意整理の経験豊富な弁護士であれば、裁判を起こしてくる可能性がある貸金業者を把握していますので、事前にこれらの業者を任意整理の対象から外すことにより、このデメリットを回避することも可能です。

任意整理は、事前に経験豊富な弁護士にご相談されることをお勧めします。

Q:任意整理は家族にも影響しますか?

 A:任意整理の効果は、あくまで本人のみに生じるものなので、法律上、任意整理によって、家族が不利益を受けることは原則としてありません

ただし、①家族が、任意整理をする本人の保証人になっている場合や、②家族が、任意整理をする本人が作ったクレジットカードの「家族カード」を利用している場合等には影響することがあります。

①の場合は、貸金業者などの債権者が、保証人である家族に対して、残債を一括で支払うように請求することが可能になります。この場合、家族が、残債を代わりに返済するか、保証人自身も任意整理や自己破産を検討する必要が出てきます。

②の場合は、基本的には「家族カード」は使えなくなるとお考え下さい。もっとも、家族が自分自身の名義で作っているクレジットカードが使えなくなることはありませんので、この点は誤解しないようご注意下さい。

以上から、特に、①の家族が申立人の保証人になっているケースでは、あらかじめ、家族への対策も検討しておく必要が高いので、任意整理を申し立てる前に、一度は経験豊富な弁護士に相談されることをお勧めします。

Q:どの貸金業者に対応していますか?

 A:下記は、当事務所が対応可能な貸金業者の一例です。これ以外にも対応致しますのでご相談下さい。

・アイフル
・ライフ
・アコム
・SMBC
・三洋信販
・プロミス
・JCB
・セディナ
・ポケットバンク
・楽天KC
・三菱UFJニコスカード
・日本信販

・シンキ(ノーローン)
・新生フィナンシャル
・レイク
・アプラス
・イオンクレジット
・エポスカード
・丸井カード
・ゼロファースト
・オリエントコーポレーション
・KCカード
・アイク
・ディックファイナンス

・UCカード
・CFJ
・クオーク
・ユニマットレディース
・ユニマットライフ・クオーク
・セントラルファイナンス
・OMCカード
・ニッセン
・クレディセゾン
・ポケットカード
・ライフカード
・その他